2009年07月17日

美瑛岳

 遭難のニュースが朝のトップ。

 中高年登山の危うさも同時に報道していた。

 私も美瑛岳には8年前のこの時期に登った。

 泊まった宿と提携している登山やカヌーなどのアクティビティを体験

させてくれる会社(?)の人が夜、宿にやってきて、説明をした。

 翌日の天気図が安定していることを確認して、登山を申し込んだが、

他には男性が一人応募しただけ。

 早朝、女性ガイドと共に3人で出発した。

 ずっと天候がよく頂上からの眺めも360度ぐるりと見回すことがで

きた。

 その数日後には旭岳にも登ったが、この時は一人で行った。

 登山前にちょっと情報を得ようと大雪の自然環境保護センターの施設

で下調べをして職員の人と話していたら、「この時刻(10時近かっ

た)から登るの?」といわれ、しかもそんな軽装備でと呆れ返られた。

 夏山でも凍死する人がいる山なのだとこれまでの夏山登山の遭難例を

出してもらった。あちらは引き止めたかったみたいだったけれど、「無

事帰って来たら、今夜のこのセンターでの大雪の解説をしてくれる企画

に参加します」と言い残して出かけた。 

 結果、姿見ノ池に戻るまでの最後の1時間はすれ違う人(これから登

山に向かうことになる人)は当然見かけないし、休憩していても追い越

していく人もいなくなったのでそのときだけ、不安になったが、姿見ノ

池に戻ると観光客がまだ結構残っていた。

 その夜、センターに立ち寄り約束を果たした。
 
 今日の報道でこんなに多人数がばたばたと倒れたと聞くと、一人なん

て無謀以外の何物もでもない・・・と反省。

 それでも、また旅先で目の前に山があると登ってしまいそう。
posted by ほたる at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近の報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月19日

リニア中央新幹線

 東京ー名古屋を結ぶリニア新幹線をどのルートにするかでJR東海が

試算報告した。

 ほぼ直進するルートが最も費用もかからず、そのうえ時間も短くてす

むのでJR東海としては迂回ルートは避けたいという報告。

 静岡県に住んでいる人間としてはどっちになろうと関係ない。いずれ

にしてもリニア中央新幹線ができたら、ますます静岡における東海道新

幹線は利用しにくくなりそう。いまですら一県内に6つもの新幹線停車

駅を持ち東西に長い静岡にのぞみは一つも停車しない。ひかりは一時間

一本、こだまが一時間二本くらい停車する程度。これじゃ、静岡県の新

幹線駅はこだま専用としか思えない。

 あ〜〜あ、空港なんて作るからJR東海は静岡を目の敵にしてるんじ

ゃないかと勘ぐりたくなってくる。

 こうなったら品川から横浜経由名古屋までの東海道本線に特急を走ら

せて、名古屋で新幹線に乗り継ぐようにしてくれたら、乗り継ぎ割引で

少し特急料金がさがるかもしれない。
 
posted by ほたる at 07:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近の報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月08日

足利事件 

 冤罪で17年以上も刑務所に入れられていた菅谷さんが解放された。

 初めての記者会見で取調室での様子を言葉少なく語っていた。

 取調べの過程では暴力あり、長時間の取調べありと諸外国からも問題

視されている日本の取調べの不透明さが語られた。

 そこで思い出したのが「自白の心理学」という岩波書店から出されて

いる書籍。2001年の出版だった。

 自白は「必ずしも本当のことを言っているのではなく」、暴力と長時

間の拘束により聞いてもらえないという絶望感と早く終わらせて今の苦

しみ(取調べ)から解放されたいという気持ちから自分がやってもいな

いことを「やった」と嘘をついてしまう心の動きを如実に書いていた。

(と、思う。なんといっても8年も前に読んだので詳細はいい加減かも

しれないので)

 「警察にも検察にも裁判官にも謝って欲しい」というのは当たり前の

意見だし、誤るのは人として当然。ここで素直にあやまれるかどうかで

「人間の品格」が試されているのよね。
posted by ほたる at 08:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近の報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月06日

富士山静岡空港 初日搭乗率

 6月4日に開港した静岡空港。

 住民の「第一便に乗る会」までできていたと知ったのは開港直前。こ

ういう人がいてくれるのは心強いが、「一便だけ乗って後は乗らない」

ではなくずっと乗って欲しい。

 こうした会もあるようだし、初日はご祝儀搭乗もあるだろうから、さ

ぞや、初日は搭乗率がいいだろうと思っていたら、77%しかなかっ

た。専門家の中には空港の開港初日に77%は画期的という方もいるか

もしれないけれど、素人の私は「たったの77%?」と拍子抜けしてし

まった。

 で、怖くなった。「初日だから」、「初日くらいは」の気持ちで乗っ

てくれた人を入れてこの搭乗率。それじゃ、今後は搭乗率は減るしかな

い。次に上がるとしたら閉港日(聞いたことないけど)に「さよなら 

○○空港、長い間ありがとう」と最終搭乗を希望する人や最後のフライ

トを見送る人で賑わうくらい?

 開港間もないこの時期に縁起でもないお話でした。
 
posted by ほたる at 08:26| Comment(0) | TrackBack(1) | 最近の報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月02日

エールフランス航空機行方不明

 1日にリオデジャネイロ発パリ行きの同機が大西洋上で消息を絶った

という報道。一日以上経過したのに、未だ機体の一部すら見つかってい

ない。地球の上空には各国が偵察衛星を飛ばしているはずだから、それ

らの情報から同機がどうなったかが判らないのかと、思ってしまった。

 何の情報もつかめていないとしたら役に立ってないのではないの。

 それとも情報を持っているけれど、そういう情報を持っていることで

偵察衛星の能力がわかってしまうので出せない??

 一昼夜たっても何ら見つからない・・・と聞いてふとSF小説の読み

すぎか、異次元にはまった?なんどと不届きなことを思ってしまった

ら、同居人が真面目な顔をして、「よくそう思ったな」と褒めてくれ

た。

 へ?馬鹿にされるかと思ったらとんでもない。物理学上、異次元は存

在する、でないと宇宙の存在も否定される、異次元へ入るポケットはあ

るのでそこに滑り込むことはありえる、などと言うのある。

 この人とうとうオカシクなっちゃったかとこちらのほうが真面目に心

配した。

 それじゃ、異次元に入り込んだらその人たちは生きていられるの?時

空を飛び越えるのに生体は耐えられる?もし、生きてあちらに行っても

年齢はどうなる?何を食べる?などいろいろ想像し出したら、行って戻

れるものなら行ってみたくなった。

 エールフランスに搭乗されている方々の関係者からは顰蹙をかうか

も・・・。
 

 
posted by ほたる at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近の報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月01日

京都教育大学事件

 あらま、今日から読もうと、先日借りた本が「壊れる男たち」。積み

上げていた本の山から出してテーブルにセットしたのが今朝。

 今夕のニュースで京都教育大学の男子学生6人(全員成人)が未成年

の同大学女子学生に暴力行為をして逮捕された。

 しかもこの事件起こしたのは3月末。2ヶ月も経過してからの逮捕っ

てことは納得しなった被害者の親告によるものでしょうか?

 大学のしどろもどろの会見を見ていると、本当にいつまでたっても体

質が変わらないのにうんざり。

 「教育的配慮」をただただ繰り返す。成人した男性が刑法に触れる行

為を行ったのに大学がかばって内々で隠蔽したとしか思えない。

 つまり被害者としては法にのっとって処罰されてしかるべき行為をう

けながらも、大学が守ったのは加害者だったというのでは、納得できな

かったのではないかと想像する。

 会見に臨んでいたのが男ばかり。さもありなん。同性のよしみでかば

ったと思われても仕方ない。幹部に女性が一人でもいればまた違った対

応もありえたかもしれないのに、いまだもって幹部に女性がいないこと

で、軽く扱われた。

 壊れているのは加害行為をする男性たちだけでなくそれをかばっても

何ら後ろめたさを感じない男性も同様。

 さて、この本をこれから読まなくっちゃ。
posted by ほたる at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近の報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月29日

富士山静岡空港 欠航・延期

 台中と静岡のチャーター便を計画していたマンダリン航空が延期を決

定したら、次は上海と静岡の定期便を予定していた中国東方航空が減便

を申し出た。豚からの新型インフルエンザの感染者が見つかった静岡は

危険地域になってしまったらしい。

 でも、本心はどれくらい採算があうかわからないところに飛ばす不安

がもともとあったので豚からの新型インフルエンザは「都合のいい口

実・負担軽減の追い風」になったんじゃないかなと思えてくる。

 でも、物は考えよう。中国の鳥からの新型インフルエンザについて

は、明らかにされていないらしいから要注意。

 今回のことは結果的には静岡にとって良かったってことになるかもし

れない。こう考えれば、中国の航空会社のほうから申し出た今回の措置

は苦慮することでも何でもなくなるかもしれない。

 せっかく作った空港の利用は確かに減るかもしれない。でも、今回の

豚からの新型インフルエンザに対するあのちょっと行き過ぎかとも思え

る対応は国民の命を守りたいという政府の熱い思いに違いない。(と、

思うことにして)

 なら、鳥からの新型インフルエンザならば、国民の命を守ることにも

っと必死になるはず。

 「中国にあまり飛行機が飛んでいなくてよかった」って思える日が来

ることもないわけじゃない。
 
 悲観しない、悲観しない。(って誰に向かって言っているんでしょう

ね、私は)
posted by ほたる at 08:10| Comment(1) | TrackBack(0) | 最近の報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月23日

「マスク着用と世間の目」朝日新聞

 またまた、偶然。

 今日の朝刊文化面で神里達博さんの文章が「マスク着用と世間の目」

という題で載せられていた。

 「世間」。今読んでいる書籍にもそのことが書かれていたので、記事

を読んでいたら、神里さんが引用していたのが阿部謹也の文章。

 な〜〜んだ、実は今読んでいる書籍「ヨーロッパを見る視角」の著者

が阿部謹也さん。歴史学者だけれど、一つ一つの歴史事象ではなく「個

人の誕生」「世間」「市民意識の形成」など目に見えない人間意識・行

動を分析してるのがとても面白い。頭の中の理屈では合理主義が判って

いても日常の行動原理はそこになく、周囲の目を意識して行動をしがち

な日本人。

 記事はマスク着用が広がっている背景とちょっとした事態の変化でま

たどのように人々が行動を変えるか・・・その根拠のなさを分析してい

る。

 遠方の知人からマスクを買って送って欲しいと言われたが、私の住む

田舎町ですら数件回ったドラッグストアでマスクは既に売り切れてい

た。

 知人は個人で必要というよりも職場で欠かせないという理由もあった

が、同情してしまった。本当にそれが必要かどうかの判断以前の問題

で、組織において「必要」とされたら従うしかないという。そういう気

持ちにさせる社会に市民意識はあるんだろうか?

 自分で判断して決めてもらったら困るというのがこの国かもしれな

い。それどころが自分で決めるってどういうこと?というリアクション

すらあるかもしれない。

 組織が決定した根拠には、世間の目が怖いというのも全く排除できな

い理由の一つに思える。

 確かに公衆衛生など広くかつ甚大な被害が及ぶ場合には強制的に繰り

出されるべき方策もあるとは思うけれど、今回の事態はそれに該当する

のかどうか・・・?


 
 
posted by ほたる at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近の報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月21日

裁判員制度

 いよいよ始まるらしい。

 でも、不出頭だと過料を払わないといけないし、裁判の内容を話して

はいけないという義務があり、違反すると処罰されるというのも納得が

いかない。

 さらに納得がいかないのは刑事事件を起こした被告人にお金がない場

合国選弁護人がついて被告の裁判を受けるために弁護されるという権利

が保証されるシステムになっているのに、裁判員制度を担当する国選弁

護人に登録している弁護士が地域差はあるにしても地域の弁護士会会員

弁護士の半分にもならないところもある。

 弁護士という職業についているのなら義務として全員裁判員制度担当

弁護士になったほうがいいのではないの?公判前手続き等でも拘束さ

れ、裁判が始まったら連続で三日はその裁判に関わらないといけないか

ら、それでなくても多くの訴訟を抱えて(儲かるよね)忙しいので敬遠

しているとか。どんなに忙しくても医師は患者が来たら診療を拒否でき

ない。

 なのに弁護士はなんなんだろう?そのうえ、国選弁護士になっても一

生懸命すればするほど時給計算にして800円くらいにしかならないの

も問題だとか。その気持ちは分かる。

 ならば「判ると思う」。多くの国民にとっても裁判員制度が重くのし

かかっていることを。

 職業として法曹界に身を置いている人はミッションもあろうが、そん

な世界とは無縁に生きてきた人にとってはこの制度の意義は見えない。

 仕事の都合をつけて(子どもが熱を出したってなかなか仕事を休ませ

ない企業が多いというのに)、ストレスだらけの裁判に臨んで、終わっ

た後々まで守秘義務に拘束されることが、いかに理不尽に思えるか。

 いったい法曹界ってどうなっているの? 
 
posted by ほたる at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近の報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月17日

新型インフルエンザ国内感染

 このインフルエンザを新型といっているのはちょっと紛らわしいので

私は豚インフルと思うことにしている。

 国内にはとっくに入ってきているだろうなと思っていたけれど、みん

なの目が機内検疫による水際作戦なんていう報道にむいていたから、ブ

ログに書かなかった。けど、ようやく国内での人人感染が確認されたの

で書くことにした。

 連休中にもインフルエンザ症状で病院に行った人はいたはずで、その

中にはすでに豚インフルに感染した人もいただろうと思っている。で

も、あくまでも空港での水際作戦で国内に入れないという報道の圧力

で、「国内には入っていない」という前提があるのでウィルスの遺伝子

検査をせずにやり過ごしていたと想像している。

 神戸の高校生を診察した医師はウィルスの遺伝子の型を検査に出した

のだから勇気があったと快哉。

 今や報道は・マスクと手洗い奨励・人が集まるイベントは中止・学校

関係は休校。とまあ、「かなり神経質な対応」と思う私はしろーとで

す。

 ついでに今回のインフルエンザについては私はかなり無謀なことも思

っている。症状が軽いのならば、逆に感染してすこしでも抗体を体内に

作っておいたほうがいいのではないかと思っている。世界的にみても6

0歳以上の感染者がほとんど見られないのは、50年から60年前にも

似た型のインフルエンザが流行った可能性があると言われている。

 鳥インフルなら致死率が尋常ではないので、あえて感染しようなどと

いう命がけの行為は絶対にしちゃいけないけれど、豚インフルの致死率

低い。今後は「感染列島」どころか「感染惑星」の世紀に突入する様相

を呈しているので、抗体を作って備えるのもいいんじゃないか

と・・・。何年後かに豚インフルが型を変えて少し強毒性になって

いても抗体があれば軽い症状で済むかもしれないと予測している。こ

れって科学的なんでしょうか?

 専門家の方からは「無謀な」とお叱りを受けそうです。
posted by ほたる at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近の報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月11日

愛知県蟹江町事件

 なんだかこの事件10年ほど前に東京世田谷で一家4人が殺された事

件のときの犯人の行動と重なっているような気がする。家に留まってい

ろいろとしたらしい痕跡があるという点で。
posted by ほたる at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近の報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月25日

草薙さん

 どうしてこんなに大騒ぎして、家宅捜索までするのかわからない。

 わたしは酔っ払いに寛容ではない。大昔に酔った同僚にしつこくダン

スに誘われたのが今思い出しても腹が立つくらいだし、同居人がグデン

グデンになっているのも情けなく思う。

 そんなわたしなので公園で素っ裸になって大声をあげているのは非常

識極まりないとは思うけれど、さっさと自宅に帰らせてしまえば静かな

夜は取り戻せたのではないの?

 真昼間に通行人が大勢いるなら公然わいせつも成り立つかもしれない

けれど、誰もいないでしょ?夜の夜中に。はっきりとは見えないでし

ょ。夜の街灯くらいじゃ。

 草薙君の裸体ならわいせつじゃないというファンもいるかもしれない

し。(これは主観にしかすぎないけれど)。

 お酒を飲めない体質の私であまりお酒に理解のない私ですら、今回の

酔っ払ったスターの迷惑行為はこんな大騒ぎするのは、一体どういうこ

と?と思ってしまうほどの報道でした。
posted by ほたる at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近の報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月21日

障害者団体向け割引制度が悪用された郵便法違反事件

 何年前か覚えていないけれど、こういうダイレクトメールを受け取っ

たことが立て続けに何回かあった。

 何だろうと開封してみると商品の案内もあるがどこぞの障害者団体の

ことを書いた文書が同封されていた。売ろうとしている商品が障害者の

生産したものというわけでもなかった。その会社が障害者を多数雇用し

ているということでもアピールしているわけでもないようだった。とい

うわけで両者の関連性が全く見えなかった。

 でも、わたしにとってダイレクトメールは、開封して雑紙に仕分けて

廃棄する手間がかかるだけのものなので、いちいち送られてきたチラシ

をじっくりと読んだりはしていない。でも他のダイレクトメールとは違

うということだけは覚えていた。今回の事件でそういうことだったのか

とからくりを理解したが当時それ以上のことを追求もしなかった私も情

けない。
posted by ほたる at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近の報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月13日

結婚指輪

 朝日新聞のbe土曜日版で「ふだん結婚指輪をしていますか?」とい

う記事を見つけた。

 20〜30歳代のころ夫が飲みに行くときに指輪をはずしていたと

か、紛失しそうになってはずした人とか、ずっとつけている男性は「妻

が怒るから」つけているとか、という例が挙げられていた。

 私は、というか同居人も結婚して1ヶ月ほどでお互いに指輪をしなく

なった。夫はなくしそうなのと手を洗うたびにはずさないといけないの

が面倒くさくなったから。

 わたしは、六本木を歩くときに声をかけられたかったから・・・とい

うのは冗談で、イヤリングとかペンダントは好きだけれど、指輪は嫌い

だったから。

 記事では30歳代の女性の意見で「結婚指輪をしている男性のほうが

好感が持てるし誠実な気がします。・・・・」というのがあった。

 指輪して、「結婚しているから不倫なんかしないよ」というそぶりで

安心させて女性に近づく男性だっているだろうに。もし、なにかあった

ら「指輪しているのだから既婚ってことはわかるはず」なんてことだっ

てあるかもしれないのに。

 記事の最後は「いずれにせよ、結婚指輪の有無を気にしうるのはむし

ろ独身者。結婚指輪って、できないときほどしたいものだから」

 指輪幻想に振り回されずに生きるのも難しい。 
posted by ほたる at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近の報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月28日

トキ

 今夕のニュースで昨年9月に佐渡島で放鳥されたトキ。現時点で生存

が確認されているのはオス4羽にメス4羽だとか。

 ところがメス4羽は全てが本州の新潟県に飛来してしまい、オスは4

羽とも佐渡に留まっているため、今期の繁殖の可能性はほとんどないと

いう事態になったとの報道。

 1970年代にアメリカでベストセラーになり日本語訳もでたエリ

カ・ジョングの「飛ぶのが怖い」を思い出してしまった。こちらは急速

に女性解放が進んだため追いつけない女性たちの戸惑いを代弁するよう

にこの自伝が出、飛ぶのが怖いは流行語にもなった。・・・と記憶して

いる。

 30年前のアメリカの女性は怖くて飛ぶのにためらいがあったのに、

21世紀では、鳥のメスは(「も」というべきか??)果敢にも海を渡

ったわけで、なんとも感慨深い・・・・。
posted by ほたる at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近の報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月01日

犯罪被害者参加制度

 先日から犯罪被害者が裁判で被告に質問ができるようになった。この

制度そのもの問題点は弁護士会がいろいろと意見を出しているので、そ

れは譲るけれどふと気になったところがあった。

 被害者が殺人により亡くなった場合には遺族も犯罪被害者として参加

できる。裁判で被告に質問する場合、被害者が「こんなに幸せに生きて

いた」、家族も「成長をこんなに楽しみにしていたのに、前途を絶たれ

て、どんなにくやしかったことか」、「家族の苦しみは筆舌に尽くしが

たい」・・などの心情を吐露しながら被告に質問をする。

 もちろん、この制度は参加したい被害者・遺族だけが参加すればいい

ので、参加したくない人はしなくても構わない。

 でも、これから裁判員制度が導入されるなら、裁判員の心情に訴える

方が被告に重い刑罰を課することができるかもしれないということで、

勧める人もいるかもしれない。

 もしも、殺人で殺された人が天涯孤独だった場合。遺族が誰一人おら

ず、裁判でも遺族のそういう悲しみが吐露されることがなかった場合、

裁判員の心情はどうなるのだろう?

 同じような状況で殺されたとして、遺族が来て悲しみを訴えた場合

と、遺族がいなかった場合とで量刑が違ってくる可能性が出てくる気が

してならない。
posted by ほたる at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近の報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月18日

中川金融・財務担当大臣辞任

 あのG7後の記者会見の映像には思わずニヤニヤ笑いをしてしまっ

た。

 よく見かけますよ、飲み屋さんでそっくりな様子の方々を。

 「ふう〜〜」という声なんかアルコールが匂ってきそうだった。すか

さず、アルコール探知機を口元に持っていきたくなった警官もいるかも

しれない。

 ご本人の公式発表は風邪薬の、大量もしくは複数種類の摂取によるも

のとなっている。

 「薬を飲んだことによる」意識朦朧。そうでしょうよ、薬のせいです。

なんたって百薬の長なんだから。
posted by ほたる at 08:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近の報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月08日

首相の郵政発言

 こういう行き当たりばったりで政治が動いているとしたら国民は翻弄

されている。でも、お互い様かも。

 以前、クリスマスイヴにニューヨークのクリスマス風景をテレビが流

しているのを見て「日本はアメリカなの?」と憤慨したけれど、今にな

ってみれば日本はアメリカでもよかったかも・・・。

 少数派で差別されていた黒人が大統領になれるという土壌、しかもそ

の大統領は賢い(頭が良いんじゃない)。

 うらやましく思える自分が哀しい。
posted by ほたる at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近の報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月01日

オバマ大統領

 「金融界首脳は恥を知れ」と言ったのが報道で流れている。

 横にいるガイトナー財務長官の複雑な表情といったら・・・。

 会社を踏み台にして私服を肥やしたわけね。
posted by ほたる at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近の報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月22日

クローズアップ現代

 いつもニュースの後にこの番組があるのでなんとなく見ていることが

多い。

 昨日はいつもの女性キャスターがワシントンへ行ってオバマ大統領の

就任式に併せて現地取材をしていた。

 あちらの大学教授なのか政治評論家なのか、アメリカ人男性に彼女が

スタジオでインタビューをしていた。内容はさておいて、気になったこ

とが一つ。

 日本人である彼女は相手に英語で質問をしているのだけれど、英語の

音声そのままで日本語字幕が流れている。ところがアメリカ人が彼女の

質問に答える段になると彼の言葉は日本語に吹き替えられていた。

 彼女の英語が音声で流れているのならアメリカ人も英語の音声で日本

語字幕でいいのに、これじゃ、これだけ英語がしゃべれるキャスターな

んだよとテレビを見ている視聴者(日本人がほとんど)アピールしてい

るみたい。
posted by ほたる at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近の報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。