2010年06月04日

裏通り

 住んでいる地方都市の駅前は一昔前まではそれなりに商店街も賑わっ

ていた。当時は夜になると地方都市の悲しさで早々にシャッターが下り

ていた。それでも商店街の街灯が明るかったので夜の10時ごろ駅から

歩いて帰るときはその表通りを歩いて帰っていた。人通りこそないけれ

ど、明るいから安全かなと思っていた。

 ところが最近は、夜遅く駅から歩いて帰る際に、その表通りではなく

むしろ裏通りを歩いているということを、先日知人と話していて気がつ

いた。確信をもって裏通りを選んで歩いていたわけではなく本能的な選

択をしていた。裏通りのほうが暗がりが多いのに・・・である。

 実はここ10年のうちに駅前の表通りは転落するかのように寂れてい

き、空き店舗ばかりになっていた。その後居酒屋や夜の怪しげなお店が

目立つようになった。昼間は閉まっているのに暗くなると派手なネオン

がともり、スーツを着た男性が立っていたりする。

 なので明るくて人も歩いている表通りのほうが私には危険地帯に感じ

られ、だれもいないくらい裏通りのほうが幽霊こそ出るかもしれない

が、怖さがない。幽霊は客引きもしなければ「眼を飛ばした」などと因

縁をつけてもこないし・・・。 

 でも、これ、街の様相としてはおかしくない?
posted by ほたる at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。