2010年05月22日

自転車盗難その後

 4月18日に自転車を駅近くの大型ショッピングセンターの駐輪場で

盗難にあったと先日のブログにも書いた。
 
 購入時に防犯登録したはずだけれど証書を紛失していた。登録番号も

わからないのに警察に盗難届けを受理してもらえるかどうかも不明。気

持ちの上では盗まれて腹立たしいという思いはあるにはあった。

 その一方で、たとえ盗難に遭っていなくてももう充分古くなっていた

し、もう一台ある別の自転車のほうが傷みが少ない。このさい盗難に遭

ったというよりも「処分した」と思おうなどと打算的なことを考えた私

は「見つかる」という事態は全く想定しないまま、警察へ足を運ぶこと

すらしないでいた。

 それがあだになった。

 今週初め、自治体から通知がきた。放置自転車を引き取りに来なさい

と・・・。しかも撤去・保管の費用として1000円を払うようにとま

である。

 さらに、同時に送られてきた文書に押印して自転車と交換しないとい

けないらしい。文章は「今後、自転車を放置しません」となっている。

私は放置してない。私の反省は登録番号がないことで警察に盗難届けを

しなかったことだと思ったので、上から線を引いて書き直したい気分だ

ったが、電話で問い合わせたときに、あちらの方が気の毒そうに言って

くれたので文章の訂正まではしなかった。

 私の自転車を盗んだ人はどこかに私の自転車を放置していた。しかも

鍵までご丁寧にかけて放置していた。スペアキーがないと引き取っても

自転車に乗って帰れない。家中を探してとりあえずスペアキーと思われ

るものを持って今日引き取りに行ってきた。
 
 一ヶ月ぶりに再会した私の自転車はチェーンもはずれていたけれど、

職員の人がチェーンをかけ直してくれ、1000円は修理代だと思って  
気持ちよく払って帰ってきた。
posted by ほたる at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。