2010年03月23日

アクアライン

 千葉から帰ってきました。春から子どもが住む木更津に驚きの毎日だった。

 山を造成して宅地にして販売するということは、私の住む近隣でもか

つてはあった。私がここに住み始めたころはもうそこは新興住宅地にな

っていたので、造成地がどんなものかは見たことはなかった。

 ところが今回ちょっと行ってみた木更津のその地域は造成地だらけ

で、いかにも山を崩して造成地にしたというのがありあり。アパートか

ら見通しの良いこと良いこと。家もアパートもまだまだこれからという

感じ。おまけにもとは山だったはずなのに緑が全くなく、行ってすぐに

私の唇はカサカサになり切れて血がにじんでしまった。

 早々とショッピングセンターができていて、スーパーは24時間営業

をしていた。夜買い物に出ると数分で到着するけれど、街灯は少なくア

パートも契約だけは済ませたけれどまだ入居していないのか全く人影ど

ころが明かりもなく真っ暗。スーパーだけが明々としていた。もちろん

団地を出るとアップダウンはきつい。これでは車がないと生活できな

い。

 今後何年かけて一大団地に変貌を遂げるのかもしれないけれど、子ど

もが去る予定の二年後はまだまだというところか?

 横浜にはアクアラインで繋がっているので東京へ行くよりもアクセス

は楽。おそらく神奈川県内では広い土地も家も不可能なので広い土地を

安く求めて、家にお金をかけ、庭も広々と取れるから豊かな暮らしを満

喫できますよ、横浜へはアクアラインで一時間で通勤できますよ、と、

これから家を欲しい浜っこに熱いまなざしを向けているのでしょうが、

果たしてこの街の賑わいのギャップに日々耐えられるかなあ
posted by ほたる at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。