2009年12月24日

電話

 10日ほど前の深夜1時半、突然の電話で起こされた。急いで電話に

出ると「Hello」と女性の声。眠気がいっぺんに吹き飛んだ。とり

あえず「Hello」と答えたものの頭の中では次の問いかけを想定し

てこれとあれとといくつかの答えを用意したけれど、あちらは再度「H

ello」と言うだけ。どなた?と英語で問うと切れてしまった。

 間違い電話かと思っていたら数日後の夜9時にまたかかってきた。出

たのは同居人。やっぱり「Hello」と答えていたがすぐに切れた。

 ただ同居人が感じたところでは、英語が母語ではなさそうと・・・。

それにしてもおそらく、誰かに教えられた電話番号が間違っていて、我

が家にかかっているのだろうというところで話が落ち着いた。

 すると、おとといの夜、9時半頃から10時にかけての30分の間に

同様の電話が5回もかかった。

 さすがに2回目あたりから、これはいたずら電話かもしれないと思わ

ざるを得なくなった。ところが不思議と腹立たしい気持ちは起きない。

むしろ日本語を習得できず、周囲に話し相手も少なく、何か事情のある

外国の人が心寂しくて電話をかけているのかもしれない。ならば話し相

手(つたない英語なので不十分な会話しかできないけれど)になろうか

と、次の電話のときはお元気ですか?くらいから会話をスタートさせよ

うかと構えていたら、電話にでるなり切れてしまった。

 今夜はクリスマスイヴ。もしかしたらまたかかってくるかもしれな

い。

posted by ほたる at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。