2009年11月08日

里芋団子

 こういう料理があるのは知っていても、ついつい作りなれたものしか

作っていなかったけれど、一念発起!

 里芋を加熱するのは面倒。洗って泥を落としてゆでて皮をむく。ゆで

るのも鍋だと時間がかかる。圧力鍋ですると少し時間を間違えるとすっ

かりどろどろの里芋になってしまう。向いてからゆでるとぬめりで鍋が

たいへんなことになる。

 そこで、洗ったサツマイモをそのまま新聞紙に包んでレンジで加熱を

する方法を近所の方に数年前に教えてもらっていたので、それを応用す

ることにした。

 大きさがそろった里芋ばかりのほうがいいような気がするがそうでも

ない。大きさが揃っていてもレンジ庫内の位置で微妙に加熱むらができ

てしまう。大きさを揃えてもあまり関係ないので、大小の里芋を洗って

新聞紙に包んでレンジで加熱。ワット数も時間も適当。途中で開いて竹

串で刺してみる。加熱できたものは出し、まだのものは追加加熱する。

 で、皮をむく。これが上手く加熱できるとするすると手で押すだけで

皮がむける。

 熱いうちにマッシャーでつぶす。常備しているので私はこの段階でう

どん出汁を少量加えて少しだけ味をつける。

 一口大に丸める。これがコロッケを成形するより簡単で手のひらにく

っつかないから楽といったらない。

 丸めたものを片栗粉の上で転がし、油で揚げる。

 出汁の味はほとんど判らないけれど、私は里芋の甘さそのものでOK。
 
 予想以上に簡単で美味しかったのでマイブームになりそう。 
posted by ほたる at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/132324916

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。