2009年10月31日

真向法

 8月末から9月にかけてこれまでやっていた「娯楽」を見直すことに
した。

 合気道はあまりに自分にマッチしすぎていて、居心地はいいけれど、

私に不足しているものを補っているとは思えなかった。人を尊重しなが

らも自分を大切にするという人権的考え方は納得できるが改めて精進す

る必要性をあまり感じなくなっていた。なのでしばらくお休みを申し出

た。でも年に一回のお茶会には誘ってくれるそうなので人間関係もいた

って良好。寿休暇というわけ。

 もう一つしていたテニスも上手くなりたいわけではなく、運動不足解

消という程度の動機で始めたが、これも次期スクールを更新しないこと

にした。それほど運動不足解消になっているわけでもないし、テニス上

達のために普段からラケットの素振りをしていたわけでもなかった。む

しろ毎週やってくるスクールが負担になるときもあった。事実夏の4ヶ

月は炎天下ではテニスは出来なので毎年この期間はお休みをしているが

その時の気分が楽なこと。なので長期に渡ってお休みを申し出た。

 こうして一週間が暇になった。ただ問題は「不足している部分」をど

う補うかということ。不足しているのは柔軟性。体をもう少し柔らかく

しないと年齢を重ねてから転んだ際に骨折の可能性が高い。

 お風呂上りに柔軟運動をしたらいいと聞いてもそれはそれで面倒くさ

くてしないというずぼらさ。そこで目をつけたのが真向法。

 最初に知ったのは合気道の知人から。私の体の硬さをみて真向法が効

くと教えてくれた。先日も新聞の切抜きを整理していたら真向法を紹介

している記事が出てきた。やっぱり私なりに柔軟性のなさを気にしてい

た証拠。この記事も背中を押してくれたので教室を下見に行ってみた。

 高齢者が多いというのが第一印象。ベンチで見学していると受講生の

70歳近い男性から「お嬢さんも、いっしょにしませんか!?」

 周りを見回しても見学者は私だけ。お嬢さんなんて年じゃないけど、

まあ、彼からみたらお嬢さんくらいの年齢に見える?(笑)大昔は確か

にお嬢さんだったか・・?少し真向法を試してみたけれど、あまり無理

がないのと私の体が硬いからといって一緒にしているほかの方に迷惑を

かけるわけではないので「申し訳ない」という気持ちにならない。

 とりあえず一期だけ申し込んだ。

 そんなことをしていたら、まだ確定していないので明かせないけれ

ど、来春から忙しくなりそうな話が転がり込んできた。

 いろいろと身辺整理していたのを見抜かれたのかと思えるほどのタイ

ミングのよさ。そうなると真向法も一期で終わりかも・・・。

 「体の柔軟性を回復したい」という私のテーマは吹っ飛びそうな予感

がしている今日この頃です。
posted by ほたる at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。