2009年07月29日

今森光彦写真展「昆虫4億年の旅」

 今日行ってきました。

 今朝の朝日新聞朝刊でも今森さんの記事が載っていたけれど、その記

事に触発されて展覧会に行ったわけではない。以前から「今日」を予定

にしてただけ。でも奇遇。

 海外の昆虫たちのカラフルでユニークなスタイルに笑みがこぼれ感動

すら覚えた。

 今森さんの「世界昆虫記」(福音館書店刊)という厚い写真集を買っ

たのは15年前。当時、ルンルン気分で買ってきて、大喜びで開いてみ

たものの、苦手な蛾の写真も結構あったので一通りおそるおそるページ

をめくりながら見る羽目になったのだけは覚えている。その後ずっと本

棚に置かれていた。

 今日の写真展でも数枚は蛾の写真があったけれどそれだけ目に入らな

いように避け、堪能した。

 ハチドリとハチのツーショットには驚いた。どちらも一秒間に60回

前後は羽を回転させているので、相当速いシャッタースピードで撮影し

ないと羽がぶれて撮れてしまう。今森さんの写真はハチもハチドリもい

ずれも羽がくっきりと鮮明に映っていていた。

 帰宅後、久々に昆虫記を開いてみたら今日展示されていた写真がある

ある。でも引き伸ばされた写真の迫力は本からは得られない。

 デジカメならとってすぐ再生して撮れ具合を即座に確認できるのに、

フィルムではそうはいかない。帰宅後現像してみるまで写真の成否はお

あずけ。

 近所でもなかなかいいシャッターチャンスには遭遇できないから失敗

したとわかっても、やり直しは難しい。ましてや海外で昆虫のいるよう

な環境で・・・となると失敗の重さが違う。

 何十年もかけて撮り貯めたそんな写真を2時間で見てしまった。申し

訳ないほど。

 ついでにてんとう虫とハチの切り絵体験も見学に来ていた子どもたち

に混じってさせてもらい、ハチはラミネート加工をしてもらいしおりに

使うことにした。
posted by ほたる at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/124561599

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。