2009年07月22日

皆既日食

 朝から雨で、丁度日食の頃は雨は上がっていたが、晴れ間はなく空一

面雲に覆われていた。

 窓から外を見ては、この近辺では皆既日食は見られないなあと思って

いた。

 ところが何気にその時刻に空を見上げると驚いた。

 空を覆っていた雲は厚いところを薄いところがあり、かなりのスピー

ドで流れている。太陽の辺りを薄い雲がよぎると、真っ白でしかもまぶ

しくないほどのひかり具合で部分日食で三日月の形になった太陽が一瞬

見えた!何十秒かたつとまた薄雲のときに見える。

 皆既日食の観察には下敷きもサングラスもだめで専用のものを通して

みないと目を傷めると聞いていたので、そんなものを用意していなかっ

たので見るつもりはなかった。

 でも、一瞬だけしかも雲を通して見えたのはラッキー。

 子どもの頃は天体観測大好きだったのでなんだか嬉しくなった。
posted by ほたる at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。