2009年06月12日

夫婦二人暮らし

 子どもたちが大学や就職で家を離れて、今や夫婦だけの暮らしになっ

た人が結構いる。

 かくいう我が家も夫婦二人暮らし歴3年。

 昨夜、帰ってきた同居人が珍しく自分から話し出した。

 同居人 「AさんやBさんと話したら、二人とも子どもたちがいなくなって

夫婦だけになった暮らしをしているけれど、前よりもよくなったらしいよ。」


 ほたる 「ふ〜〜ん」  (何がよくなったんだろう?)

 同居人 「僕は『毎日怯えながら暮らしている』って話した」

 ほたる 「へ〜〜〜」

 (どこが????と思いつつ、似たような話を丁度、昼に合氣道で聞

いたところだった。しかも先生と『氣』について話しているときにある

人が出した質問が夫との関係だった。おかげで笑い過ぎて涙まで出てき

たことを思い出した)

     「一緒に合気道をしている人たちは夫婦二人暮らしを既に1

0年以上やっているような女性ばかりだけれど。今日の話だと夫婦二人

暮らしになって良くなったって言う人、一人もいなかったよ。いかに苦

労しているかばっかり。それ以外の友人でも、夫婦二人暮らしになって

良くなったといった女性は一人もいないよ。

      あのさ〜〜、それって男の思い込みと違う?本当は彼女を

押さえつけているのを気がつかなくて相手が従順で、自分が気持ちいい

ので「うまくやれてる」と勘違いしているかもしれない。Aさん、Bさんの

お連れ合いがどう思っているかは判らないよね。

      それに男同士って見栄張るんだよねえ。俺は妻とうまくや

っているって・・・。」


 なんだか、身も蓋もない会話。     
posted by ほたる at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121333752

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。