2009年05月21日

裁判員制度

 いよいよ始まるらしい。

 でも、不出頭だと過料を払わないといけないし、裁判の内容を話して

はいけないという義務があり、違反すると処罰されるというのも納得が

いかない。

 さらに納得がいかないのは刑事事件を起こした被告人にお金がない場

合国選弁護人がついて被告の裁判を受けるために弁護されるという権利

が保証されるシステムになっているのに、裁判員制度を担当する国選弁

護人に登録している弁護士が地域差はあるにしても地域の弁護士会会員

弁護士の半分にもならないところもある。

 弁護士という職業についているのなら義務として全員裁判員制度担当

弁護士になったほうがいいのではないの?公判前手続き等でも拘束さ

れ、裁判が始まったら連続で三日はその裁判に関わらないといけないか

ら、それでなくても多くの訴訟を抱えて(儲かるよね)忙しいので敬遠

しているとか。どんなに忙しくても医師は患者が来たら診療を拒否でき

ない。

 なのに弁護士はなんなんだろう?そのうえ、国選弁護士になっても一

生懸命すればするほど時給計算にして800円くらいにしかならないの

も問題だとか。その気持ちは分かる。

 ならば「判ると思う」。多くの国民にとっても裁判員制度が重くのし

かかっていることを。

 職業として法曹界に身を置いている人はミッションもあろうが、そん

な世界とは無縁に生きてきた人にとってはこの制度の意義は見えない。

 仕事の都合をつけて(子どもが熱を出したってなかなか仕事を休ませ

ない企業が多いというのに)、ストレスだらけの裁判に臨んで、終わっ

た後々まで守秘義務に拘束されることが、いかに理不尽に思えるか。

 いったい法曹界ってどうなっているの? 
 
posted by ほたる at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近の報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/119939089

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。