2009年05月21日

テレビCM

 一日に数時間しかテレビを見ないので一般化してはいけないと思いつ

つも・・・。

 いつも夕方のニュース番組を見る。春や秋にCMを提供する企業の入

れ替えがあっても、別段気になるほどのこともなく「あれ、変わった

ね」と思う程度だった。つまりその企業の知名度というか規模が私のよ

うな一般人にもわかるくらいに同じレベルなので入れ替わったとしても

違和感がなかった。

 ところが、ここしばらくはへ〜〜と思う。春ごろかもう少し前か、い

つものようにいつもの時間帯で見ているとCMが変わっていたが、「こ

んな会社あるんだ」という感じだったり、ちょっとコマーシャルのつく

りというか雰囲気が違っていると感じる。

 サブプライムローンがはじけて世界同時不況の陥り、テレビの広告を

ゴールデンタイムで抑えて流していた大企業が広告宣伝費をカットし始

め大手広告代理店も大幅減収と聞くと、これまでなかなか宣伝でいい時

間帯に参入したくても出来なかった企業にも、声がかかるようになった

のだろうか?

 仕切る人がちょっと控えめになって平等に近くなったのかもしれな

い。
posted by ほたる at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。