2009年05月17日

新型インフルエンザ国内感染

 このインフルエンザを新型といっているのはちょっと紛らわしいので

私は豚インフルと思うことにしている。

 国内にはとっくに入ってきているだろうなと思っていたけれど、みん

なの目が機内検疫による水際作戦なんていう報道にむいていたから、ブ

ログに書かなかった。けど、ようやく国内での人人感染が確認されたの

で書くことにした。

 連休中にもインフルエンザ症状で病院に行った人はいたはずで、その

中にはすでに豚インフルに感染した人もいただろうと思っている。で

も、あくまでも空港での水際作戦で国内に入れないという報道の圧力

で、「国内には入っていない」という前提があるのでウィルスの遺伝子

検査をせずにやり過ごしていたと想像している。

 神戸の高校生を診察した医師はウィルスの遺伝子の型を検査に出した

のだから勇気があったと快哉。

 今や報道は・マスクと手洗い奨励・人が集まるイベントは中止・学校

関係は休校。とまあ、「かなり神経質な対応」と思う私はしろーとで

す。

 ついでに今回のインフルエンザについては私はかなり無謀なことも思

っている。症状が軽いのならば、逆に感染してすこしでも抗体を体内に

作っておいたほうがいいのではないかと思っている。世界的にみても6

0歳以上の感染者がほとんど見られないのは、50年から60年前にも

似た型のインフルエンザが流行った可能性があると言われている。

 鳥インフルなら致死率が尋常ではないので、あえて感染しようなどと

いう命がけの行為は絶対にしちゃいけないけれど、豚インフルの致死率

低い。今後は「感染列島」どころか「感染惑星」の世紀に突入する様相

を呈しているので、抗体を作って備えるのもいいんじゃないか

と・・・。何年後かに豚インフルが型を変えて少し強毒性になって

いても抗体があれば軽い症状で済むかもしれないと予測している。こ

れって科学的なんでしょうか?

 専門家の方からは「無謀な」とお叱りを受けそうです。
posted by ほたる at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近の報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。