2009年05月08日

チョコレートの真実

 さっき読み始めたばかりのこの本。先日、図書館で何気なく背表紙を

見て手にして借りてきた。

 チョコレートの原材料となるカカオ豆が最貧国での児童労働の温床と

なっていることくらいは知っていたけれどちゃんとした本を読んだこと

がなかったので借りてきた。

 そうしたら昨日投げ込まれた情報誌でフェアトレードのショップ紹介

があり、知人のことも載っていた。それで、「チョコレートの真実」を

借りてきたものの床の上に山積みにしたままだったのを思い出して、と

りかかった。

 まだ50ページくらいしか読んでいないけれど、ちょっと驚いて覚書

のためここに書いちゃいます。

 チョコレートの原料となるカカオ豆の原産は中南米。紀元前に興って

いたオルメカ文明ではカカオを加工してどろりとした液体を飲んでいた

という。これが西欧に伝わったのがスペイン人による植民地化。あ

れ??最近もそんな本を読んだと思ったら今日の午前に紹介した「ラ

ス・カサスのへ道」。これは世の中がGWで忙しくしているのを横目に

私は時間が大量にあったが幸いして先週読破した書籍。

 「チョコレートの真実」の第二章ではコロンやらコルテスも登場し

て、16世紀から17世紀の歴史をまとめていた。そこにバルトロメ・

デ・ラス・カサスも登場。児童労働を取り上げているこの本で彼が登場

するとは予想もしなていかった。

 ほんの少しだけカサスの足跡が記述されていた。

 大量の書物の中から偶然手にした本、しかも借りた時期は一週間くら

いしかずれておらず、その二冊の本に載っているラス・カサス。これは

もう、日本でいえば聖徳太子に(何でここで聖徳太子かは聞かないで)

匹敵する歴史上のキーパーソンに思えてきた。

 こうなると私が遥か大昔に学生だった頃、せっせせっせと学んだ世界

史とは一体なんだったんだと言いたくなる。当時の教科書のどっこにも

ラ・カサスのことなど載ってもいなかった。(きっと・・・・たぶ

ん・・・ような気がする・・・かも・・・・。少なくとも受験科目だっ

たので勉強はしたはずでこの人物名は覚えた記憶がない)

 やれやれ、こうして私たちは偏った学校教育で偏った視点で物事を考

える癖を叩き込まれるのだと気がついた。

 で、ついでにと言ってなんですが、フェアトレードのイベントのお知

らせです。

世界を変えるための小さな一歩、フェアトレード

       世界フェアトレードデイ連動イベント

 開催日 5月14日(木)−19日(火)

 時 間 午前10時〜午後6時

 会 場 ギャラリー濱村    静岡市葵区両替町

        (青葉公園通りと両替町通り交差点角)

 内 容 @フェアトレードの紹介および食品、衣料品、雑貨などの展

      示販売

     A反物、帯その他呉服物の販売

     B押し花、刺し子、刺繍、絵画などの展示
posted by ほたる at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 読んでみたら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。