2009年01月26日

「感染列島」

 もっとセンセーショナルなつくりにしているのかと思ったらちょっと

意外。それでよかったといえばよかったかもしれないけれど。

 感染は新型インフルによるものではなく、とある国の離島のさらに山

奥の洞窟に生息していたコウモリのウィルスが人間の接触により人間の

世界で広がり、そこで救援活動をしていた日本人医師が帰国して持ち込

んでしまうという設定。

 爆発的に感染が広がり病院に患者が溢れるシーンと首都の繁華街はス

ラムのようになり車が横転し、ゴミが風に舞って町から人の姿が消えて

しまうシーンがつながらない。

 ちょっとちぐはぐで、逆にこういう映像にすることで「作り物」っぽ

くして社会不安を起こさないように工夫したのかもしれないと思えるく

らいにちょっと拍子抜け。 

 
 
posted by ほたる at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。