2008年11月12日

さよなら日本

 緒方拳さんの追悼で深夜テレビで上映された。なんと13年も前の緒

方さん主演の映画。

 沖縄の離島・赤尾根古島が自然災害でも救援してくれない日本政府に

業を煮やして独立宣言をする。各国に独立宣言文を送りつけると、似た

ような独立を宣言している国(国際的には未承認)から独立の承認を得

るが国際的効力としては微弱っていうか無視される。

 ところが沖縄県も日本も大慌てで島にやってくる。言うことを聞きそ

うにないので、自衛隊で威圧する。

 荒唐無稽な展開だけれど、こういう気持ちになる沖縄県人はいるかも

しれないなあと面白く見た。

 監督が堤幸彦さん。この人の作品は一つも見ていないけれど、最近ど

こかで見た記憶がある・・・・。

 そう、先々週に封切られた「まぼろしの邪馬台国」の監督さんだっ

た。きっと予告編で見たのだと思う。吉永小百合さん主演の映画も実は

スクリーンで見たことがないことに気がついた。

 ま、それはいいとして、緒方拳さんといえば「長い散歩」が最後の映

画になったんでしょうか?とてもとても心を打つ映画でした。

 ジャーナリストの筑紫哲也さんも肺がんで亡くなった。

 なんだか注目していた人がぽっとこの世からいなくなるのは寂しいと

いうよりもこちらの生きる意欲が失せていく気持ちになってしまう。

 今朝は相馬雪香さんが老衰で亡くなりました。

 時代が変わるかもしれない。
posted by ほたる at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109544015

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。