2008年11月06日

投資

 預金利率を下げたままにして、国民をマネーゲームに放り込んだ挙句

サブプライムを発端としての世界恐慌。

 それについてはあまり関係していないけれど、投資をしている友人が

証券会社から勧められる投資の話に最近疑問を持っていると話してくれ

た。もっと夢のある会社とか社会貢献している会社などの社債でも買え

ないのかと証券レディーに相談したら、「そういうものはあまり出てこ

ないんです」と言われたとか。

 確か数年前にニュースで証券会社が若い女性たちに投資に関心を持っ

てもらうため、『環境に貢献している会社などへの投資の講座を開催し

ているというのを聞いたから、全くない話じゃないのに、今は下火なん

だろうか?

 私は弱小出版社の本を買ったときにお客様カードなるものがあったの

で買った本の感想を書いて出した。その後定期的に図書目録と通信を送

ってきてくれるようになった。

 1年ちょっと前にもそれが届いた。その中に経済支援のチラシが入っ

ていた。銀行から私募債を集めてはどうかとアドバイスをもらい4年間

で償還する私募社債を募りたいとあった。

 利率も銀行よりも格段によかった(ってことはリスクがあるってこと

でもあるけれど)し、少額から受け付けてくれるというのでその出版社

の社債を買った。当然まだ償還になっていないので持っている。

 おかげでささやかな社会貢献をした気分を味わえている。 
posted by ほたる at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109186603

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。