2008年11月02日

エコライフ

 最近のエコ推進のコマーシャルでも「無駄をなくしてエコライフ」と

いう雰囲気。

 でも、「無駄」に気づいて無駄をなくせばいいんだというレベルでは

おそらく地球環境の改善にはならないんじゃないか。

 快適さを捨てて不便・不自由を受け入れないと温暖化も進むし資源も

枯渇してしまう。

 まやかしの政策を打ち出すからおかしくなった。極めつけはバイオエ

タノール。車に乗り続けることが前提。乗り続けたいけれど石油不足は

明確。石油不足を解消するために、食べ物を車を動かすエネルギーに使

ってしまおうというのがバイオエタノール。この発想をした人たちの目

には貧困国で飢餓であえでいる人の存在はOUT OF SIGHT。

 それを指摘されて「恥ずかしい」って思わなかったんだろうか?

 
posted by ほたる at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。