2009年10月31日

真向法

 8月末から9月にかけてこれまでやっていた「娯楽」を見直すことに
した。

 合気道はあまりに自分にマッチしすぎていて、居心地はいいけれど、

私に不足しているものを補っているとは思えなかった。人を尊重しなが

らも自分を大切にするという人権的考え方は納得できるが改めて精進す

る必要性をあまり感じなくなっていた。なのでしばらくお休みを申し出

た。でも年に一回のお茶会には誘ってくれるそうなので人間関係もいた

って良好。寿休暇というわけ。

 もう一つしていたテニスも上手くなりたいわけではなく、運動不足解

消という程度の動機で始めたが、これも次期スクールを更新しないこと

にした。それほど運動不足解消になっているわけでもないし、テニス上

達のために普段からラケットの素振りをしていたわけでもなかった。む

しろ毎週やってくるスクールが負担になるときもあった。事実夏の4ヶ

月は炎天下ではテニスは出来なので毎年この期間はお休みをしているが

その時の気分が楽なこと。なので長期に渡ってお休みを申し出た。

 こうして一週間が暇になった。ただ問題は「不足している部分」をど

う補うかということ。不足しているのは柔軟性。体をもう少し柔らかく

しないと年齢を重ねてから転んだ際に骨折の可能性が高い。

 お風呂上りに柔軟運動をしたらいいと聞いてもそれはそれで面倒くさ

くてしないというずぼらさ。そこで目をつけたのが真向法。

 最初に知ったのは合気道の知人から。私の体の硬さをみて真向法が効

くと教えてくれた。先日も新聞の切抜きを整理していたら真向法を紹介

している記事が出てきた。やっぱり私なりに柔軟性のなさを気にしてい

た証拠。この記事も背中を押してくれたので教室を下見に行ってみた。

 高齢者が多いというのが第一印象。ベンチで見学していると受講生の

70歳近い男性から「お嬢さんも、いっしょにしませんか!?」

 周りを見回しても見学者は私だけ。お嬢さんなんて年じゃないけど、

まあ、彼からみたらお嬢さんくらいの年齢に見える?(笑)大昔は確か

にお嬢さんだったか・・?少し真向法を試してみたけれど、あまり無理

がないのと私の体が硬いからといって一緒にしているほかの方に迷惑を

かけるわけではないので「申し訳ない」という気持ちにならない。

 とりあえず一期だけ申し込んだ。

 そんなことをしていたら、まだ確定していないので明かせないけれ

ど、来春から忙しくなりそうな話が転がり込んできた。

 いろいろと身辺整理していたのを見抜かれたのかと思えるほどのタイ

ミングのよさ。そうなると真向法も一期で終わりかも・・・。

 「体の柔軟性を回復したい」という私のテーマは吹っ飛びそうな予感

がしている今日この頃です。
posted by ほたる at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月27日

日本郵政次期社長 元大蔵官僚

 「10年に一度の大蔵官僚」なんて評価誰が始めたのか知らないけれ

ど、これが一人歩きして、今回の人事にさまざまな懸念が出ているらし

い。

 相当頭の切れる人なんだろうなとは思っている。官僚中の官僚で退職

後15年程度では官僚的思考から脱却できていないだろうという声がマ

スコミで取り上げられている。

 でも、本当に頭のいい人ってそうじゃない。

 場面場面で思考タイプを変えられるのが頭のいい人だと私は思ってい

る。

 官僚に身を置いているときは官僚的発想を即座に学んで実践するし、

民間に身を置いているときはそこでの利益を最優先にすべく思考も行動

も変えられるのが頭の切れる人のスタイルだと思っている。

 昔、同級生が「今日は夏目漱石ふうに手紙を書いてみました。」なん

て話しているのを聞いて鈍なわたしは夏目漱石の文体ってどういう文体

だっけ???と頭をひねってしまった。そんな芸当凡人にはできない。

努力してもどうしても文体は自己流。

 今回の斉藤さんがもしも官僚的言動しかできない石頭の凡人ではな

く、私が思っている「頭の切れる人」ならば官僚的発想ではなく今の郵

政事業に求められているものを実現するように采配を振るうというのが

私の予想。

 ただ、もしも郵政民営化を見直して、国営にもどすのが国民サービス

(どう考えたって民営化してサービス低下したもの)だとしたら、官僚

的発想で臨んだ方がいいかもしれない。それならばそれなりの言動にな

るから、斉藤さんの采配振りがどちらかを見ていれば、郵政の方向性が

見えてくるんじゃないかと・・・。
posted by ほたる at 07:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近の報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月17日

自転車泥棒

 先週の夜遠く離れて一人暮らしをしている子どもから電話がかかって

きた。

 その日の夕方アパートの駐車場横にいつも止めてある自転車を盗まれ

た。すぐに交番に届け現場検証をしたのが午後6時半。

 その時点ではよかったのだけれど、その二時間後自転車が戻っている

のを発見した。それで怖くなったという。

 ひょっとして、現場検証を見ていてあわてて返却したのかもしれな

い。窃盗犯は近所ににて頻繁に自分の行動を見ているのではないだろう

かと、疑心暗鬼になった次第。で、「お母さん暇ならちょっと来てしば

らく一緒に住んでくれない?」と珍しく泣きついてきた。

 暇なようで暇でないという微妙な立ち位置の私。電話では検討してお

くと言って切ったが、スケジュール的には何とかなりそうだったの、翌

朝早くに電話をしたら、もう出かけていて留守電になっていたので午後

には行けると録音した。

 どうやら私が来るとは思っていなかったらしく到着後子どもの携帯に

メールを送ったら、「来てくれたの?!」と嬉しそうだった。

 「大学で勉強して終わったら連絡入れるからアパートの下にまで降り

てきておいて」といおう。聞くとアパートに戻って部屋に入るまでが気

持ち悪いので、帰宅するときには家にいて欲しいそうで・・・。おまけ

に誰が乗ったかわからない自転車はすぐには乗れないので「お母さんが

買い物なんかでどんどん使ってくれたら、乗れるようになる」

 私はそれほど深刻に受け止めていないので自転車を何回か使わせても

らった。

 そもそも、自転車盗難4回目の猛者。そのうえ昨年はお財布も大学構

内で盗まれ警察のご厄介になっている。お得意さんだね。

 今回も交番の警官はしばらく巡回を増やしますと言ったというが、そ

の証拠に12時間ごとに新聞受けに巡回に来ましたというメモが投函され

ている。これだけでも、ちょっと安心できるし、口先だけでパトロール

していると言ったわけでもなさそう。

 そろそろ帰らないといけないので交番にお礼の電話を入れてしばらく

は巡回を続けてもらえるようにお願いしておこうっと。

  
posted by ほたる at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月13日

「ハチはなぜ大量死したのか」

 何度も図書館から借りては来るものの忙しくしていて結局読まないま

ま返却を数回繰り返していた。先週の講演会を終え、一段落ついたので

ようやく手にして読み始めた。その段階でもう一つの読めない理由にも

気がついた。

 表紙のハチの写真。昆虫は子どものころよく採集していたので触るの

も平気だけれど、この本の写真はハチの頭部の写真が大きく引き伸ばさ

れていて、さすがのわたしも怖気づいてしまった。これがこれまでの借

りてきても忙しさを理由に読まないままにしていた一因だと気がつい

た。

 なのでコピー用紙でカバーを作って覆って読み始めた。

 レイチェル・カーソンン「沈黙の春」に匹敵する内容だったといえば

大袈裟?
  
 巣箱からハチが忽然と消えてしまう。蜜を取りに出たまま帰らぬハ

チ。

 当初はダニによるものだと思われ、次にハチが蜜を集めている果樹に

散布された農薬が疑われ、携帯の電磁波が疑われるがいずれもハチに決

定的なダメージを与えているという結論に至らない。

 一つ一つの原因と思われるものを取り上げてハチの大量死の理由を探

す過程は推理小説を読んでいるかのように引き込まれる。

 そうしてこれという決定的な真犯人は上がらない。

 しかし、むしろというべきかもしれないけれど、現代の私たちの生き

方、価値観を根底から覆させる方向へと話は続く。

 ハチにつくダニや菌・ウィルスを殺すための薬、働かすためハチに与

えるコーンシロップ、休むまもなく働かせ、広いアメリカ大陸を花を求

めてトラックで移動。どこかの国の働き蜂とあだ名さるサラリーマン。

笑えないジョークでしかない。

 農業だけでなく生命は効率、反自然、計画どおり、単一という工業的

な価値観に全くなじまない。工業と同じように野菜も果樹も昆虫もそし

て人間も育てようとしたり動かそうと無理を重ねることの不合理さ。そ

れらはあたかもそうすることが合理的であるかのように見えても結果、

不合理でしかない。

 「今まで頼っていたものが壊れそうになると、私たちは本能的にそれ

を直し、てこ入れをして存続させようとする。・・・・・・もっと肥料

を撒こう。もっと化学薬品を与えて寄生虫や病気と闘おう。・・・・。

だが、もうこれ以上何かを足すのは止める時期にきているのかもしれな

い。」と著者ジェイコブセンは書く。

 複合汚染、有吉佐和子さんの名著まで思い出した。

 半世紀たっても相変わらず・・・どころがますます生きにくい環境に

なっているということ?

 先日聞いた農水省の役人の講演会を思い出した。
posted by ほたる at 08:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 読んでみたら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月08日

「未来の食卓」

 東京まで行って見てきました。

 その内容に感動してしまい、「あ〜〜あ、これも私が住んでいる県で

は上映予定になってないんだな」と思うと残念でたまらなくなった。
 
 見た直後に、とある友人に会った。感動の覚めやらぬ私は「未来の食

卓」の話を話したら彼女が色よい反応をしてくれた。私としては珍しく

熱く語ったみたい。彼女の関わっているグループで上映会を持ちかけて

みるとおっしゃる。「無理はしないでね」といいつつも、「いのちの食

べ方」は気持ちが凹む作品だったけれど、こちらは気持ちが明るくなる

よ・・・とさらに良い事づくめの一押しまでしてしまった。

 数日後、彼女からの電話がかかってきた。会合で話したら全員乗り気

になってくれた。ついては800字で原稿を書いて欲しいと言われてし

まった。企画を次回の「お便り」に載せたいが、いかんせん映画を見た

のはあなただけだから・・・とのこと。会員でもない私が書くのもなん

だけれど、あちらのグループの人は私をいつも気持ちよく招いてくれて

いる。その様子からして、「この人は〈会費を払ってない会員〉だけれ

ど〈いつかは会費を払える会員〉になるかもしれない」と期待している

のかもしれない。

 頭の中をスケジュール表が・・・。司会をたのまれているのと、講演

会を頼まれているのでそちらの原稿を再構成しないと・・・・、といく

つかの用事が思い浮かんだ。

 でも、熱く語った上に気の弱い私は「書けないよ〜〜」とは言えず、

とりあえず「書き直しは言わないでね」とまともな作文ができる自信は

ないのに、書き直しを言われたら他のものが滞るので「書いたら終わ

り!!」で承諾した。

 硬い文章と柔らかい文章の二作文して送付。とりあえず、合格したら

しい。

 他の用事も無事終了。気がついたらすっかり秋になっていた。

 
posted by ほたる at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。