2009年05月29日

電子レンジ

 一週間前の金曜日にとうとう電気が入らなくなった。この冬も一時的

に扉を開けても明かりがつきにくくなったけれど、なんとか使用できて

いた。それがとうとう、限界になったよう。

 翌日、近所の家電店に見に行ったが、隔世の感があった。今や蒸す機

能が主流になっていて、水を入れるタンクがついていて基本的に毎日水

を入れ替えるようになっている。そんな面倒なことはしたくない。蒸す

機能がついているといっても必要なときだけ附属のボールに水を入れて

レンジ内において使うというとっても原始的なタイプのものもあった。

まだこっちのほうがまし。とりあえず、各社のパンフレットだけもらっ

て帰ってきた。

 それっきり。改めてレンジを見に行く余裕のないまま一週間が過ぎ

た。

 この一週間、レンジが使えなくて困ったという事態にならなかった。

 唯一、今日の夜、冷蔵庫でちょっと硬くなったご飯をふっくらさせる

必要性ができた。鍋に水を少し入れてそこにお茶碗ごと入れて蓋をして

火をつけて5分。蒸し器を出すのさえ面倒だったので、お鍋に直接お茶

碗をいれたのだけれど、充分。炊き立てとほぼ同じに戻った。

 この調子だと当分電子レンジなしで生活しそうな様子。
posted by ほたる at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

富士山静岡空港 欠航・延期

 台中と静岡のチャーター便を計画していたマンダリン航空が延期を決

定したら、次は上海と静岡の定期便を予定していた中国東方航空が減便

を申し出た。豚からの新型インフルエンザの感染者が見つかった静岡は

危険地域になってしまったらしい。

 でも、本心はどれくらい採算があうかわからないところに飛ばす不安

がもともとあったので豚からの新型インフルエンザは「都合のいい口

実・負担軽減の追い風」になったんじゃないかなと思えてくる。

 でも、物は考えよう。中国の鳥からの新型インフルエンザについて

は、明らかにされていないらしいから要注意。

 今回のことは結果的には静岡にとって良かったってことになるかもし

れない。こう考えれば、中国の航空会社のほうから申し出た今回の措置

は苦慮することでも何でもなくなるかもしれない。

 せっかく作った空港の利用は確かに減るかもしれない。でも、今回の

豚からの新型インフルエンザに対するあのちょっと行き過ぎかとも思え

る対応は国民の命を守りたいという政府の熱い思いに違いない。(と、

思うことにして)

 なら、鳥からの新型インフルエンザならば、国民の命を守ることにも

っと必死になるはず。

 「中国にあまり飛行機が飛んでいなくてよかった」って思える日が来

ることもないわけじゃない。
 
 悲観しない、悲観しない。(って誰に向かって言っているんでしょう

ね、私は)
posted by ほたる at 08:10| Comment(1) | TrackBack(0) | 最近の報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。