2011年06月23日

不惑のフェミニズム 上野千鶴子

 久しぶりに上野さんの本。いつの間にか彼女は大学教授を退官

されていた。時々アクセスするNPO法人のサイトにド〜ンと彼

女の顔写真と理事長就任あいさつがあり、末尾に今年三月に退官

したとあった。なんとも感慨深いけれど、まだまだ彼女のエネル

ギーは退職後ののんびりした生活では持て余しそう・・・という

わけで在野の研究者としても今後の活動には期待したい。

 この書籍は40歳を迎えた「フェミニズム」の歴史の流れの中、上

野さんが雑誌、冊子、新聞等に発表してきた文章を時に時系列に、

時にテーマごとにまとめている。

 8年ほど前に彼女の講演会最後に彼女が「女性学年報」を手にし、

紹介して販売促進に貢献していた。彼女らしく「行商しています」

と口にしていたが、とても好感が持てた。

 権威になることへの警告も彼女は自らの行動で示していたからこ

そ、行商をして下支えするのだということ。勘違いされがちなフェ

ミニズムと先頭を走り東大の大学院教授という肩書きがさらに彼女

に「権威」のラベルを貼ってしまう。

 それでも、彼女はそれに抗し、行商もさりげなくやってのける。

もちろん聴衆は「東大教授が言っている」というマナザシでみてい

るのだけれど。

 この本にも彼女が行商をした本意が記されていた。育てるのは何

年もかかるけれど、崩壊するのは一瞬。そうやってつぶれていった

モノは山ほどあるだけに、彼女は権威として物申す代わりに行商を

して支えたという。そんなこともさりげなく掲載されていて、概し

て硬い彼女の書籍とはちょっと違った感想も持てた。
posted by ほたる at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 読んでみたら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月22日

電力不足と節電

「原発と節電」がニュースの生活関連のコーナーで紹介されるのをよ

く目にする昨今。今となっては、やむを得ず節電せざるを得ないから、

これも「有り」だけれど、私はどっちかというと「生きる姿勢」の問

題で考えたい。他者を(自分も)脅かしながら贅沢して生きるよりは、

少々不便でもそれを楽しみながら生きてる方が好きだなあ。

 原発が要らないから節電するのではなく、贅沢しないで生きていたら

原発の存在は消えていたという感じかなあ。

 明治生まれで二度の大戦をくぐりぬけた祖母の薫陶を受けたおかげと

いうか影響というか・・・。

 それにしても、両親の贅沢を引き継がなかったのは何故なんだろ?
posted by ほたる at 08:11| Comment(9) | TrackBack(0) | 最近の報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月18日

「百合子、ダスヴィダーニャ」

 最近はあまり目に留めなかった新聞の片隅にある地域の映画館の上映情報が、

何故か今日は目に飛び込んできた。

 とともに私の目が大きく開かれてしまった。

 な・な・なんと「百合祭」でブレークした(と、私が勝手に思っている)浜野佐知

監督の最新作「百合子、ダスヴィダーニャ」が本日から二週間限定公開される

とあった。

 映画のロケが静岡県内で行われたことは知っていたけれど、内容からして「

自主上映されるかなあ。ロケ地が静岡だから県内ではそれなりに自主上映の輪

が広がってくれれば幸い」と一抹の寂しさを感じながらも、自主上映の際には

必ず見に行こうと心密かに決めていた。それだけに、一般の映画館で上映され

るというのは快哉!

 
posted by ほたる at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月08日

がん保険と原発震災

 原発による放射能汚染の拡大に伴って気になっていることがある。

 がん保険の保険料が今後大幅に変わるのではないかしら?

 どの加入者に対しても保険料の増額というのもありえる。

 むしろ気になるのは、今後保険に加入するとき、子ども時代をどこ

で何年くらい過ごしたのかと、震災時に既に成人していても何歳くら

いで震災後何年くらい住んでいたいのか、今後生まれる子どもでも保

険に加入する際、親が震災時にどこでいたのかなど質問され、保険料

を違える作業に取り掛かっている気がする。
posted by ほたる at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近の報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月28日

原発事故以来

 埃っぽい春が落ち着き、入梅前のさわやかで日差しのそろそろ強くなり始めた

5月中頃。例年だと胸いっぱいに空気を吸えるのに、今年は外出時に気持ちのい

い季節だなあと空を見上げても、呼吸がぎこちない。肺の奥隅々にまで空気を送

り込むことが出来ず、反対に吐くときだけは力を込めている。こんな気持ちがい

つまで続くんだろう。
posted by ほたる at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近の報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月25日

原子力発電所爆発

 もしも、私が家にエアコンを設置するとする。何年か使っていた、地震

で壊れたとする。

 自分で直す?私はエアコンを買って設置し、そして使った。けれど、壊

れた時には直せない。それは作った人でないと修理もできないから。なの

で、きっとメーカーさんに来てもらって壊れたところを直すはず。

 以上の文章で、私⇒東電、家⇒福島、エアコン⇒原子力発電所に置き換

えてみる。

 作った人・・・・・。マスコミにでてこないなあ。記者会見にもいたか

なあ?
posted by ほたる at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近の報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月14日

笑いが止まらない

 このご時勢に「『笑いが止まらない』とはふとどきもの!!」とお叱りを

受ける覚悟で載せます。

http://matome.naver.jp/odai/2126406600265126601?&page=1

 いやはや、子どもの力、侮れません。

 私も年中駄洒落を垂れ流していますが脱帽でした。
posted by ほたる at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月08日

100000年後の安全

 渋谷のアップリンクは骨太なドキュメンタリーを上映している。

そこで緊急にこの映画の上映を始めた。見に行きたいのは山々だけれど、

さすがにそのためだけに行くのは気が引けるし、自分ひとりが見て感動

したのでは勿体ない。

 ってことで、今回私が信頼している団体にお勧めすることにした。

 もう十年以上前からその団体の活動を見てきて、講演会や映画会には

行くたびも参加させてもらっているが、首尾一貫しているのが気持ちい

い。

 この映画は放射性廃棄物の最終処分場にカメラが入って撮ったもの。

フィンランドでは撮らせてくれるんだ・・・。とらせた結果、有難くな

い映像になって公開されるかもしれないのに撮らせるところが、素晴ら

しい。

 かたや・・・と思わないでもないが、批判してもしようがない。今回

の大事故をきっかけに私たちが変わる、変わりたいのならこの映画に中

にヒントはいっぱいありそう。だからこそ、みんなと見たいなと思って

いる。
 
posted by ほたる at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

酒かすクラッカー

 アルコールが一切駄目な私。酒かすのにおいも苦手である。子どものときは

奈良漬で酔っ払ってしまった。粕汁もにがてだし、甘酒もあまり好きではない。

 昨年、晩秋の頃、NHKの「ためしてガッテン」で酒かすパワーを取り上げてい

た。へ〜〜そうなんだとただ漫然と見ていたけれど、最後でいくつかのレシピ紹

介と試食の感想を聞いて、ちょっとやってみたくなったのが酒かすクラッカーだっ

た。そういえば15年ほど前はおからクッキーも作ってみたがこれは、あまり美味

しくなかった。健康によさそうというだけで作ったが酒かすクラッカーより手が

かかった。いくらおからが体にいいといってもバター・砂糖もけっこう使うから

良し悪しはプラマイゼロ・・・マイナスだったかもしれない。

 一方、酒かすクラッカーはレシピそのものが全くもって私向き。というのは時

間もかからず手がかからない、特別な技術も道具も不要、材料も手元にあるもの

でOK。とにかく簡単手間要らずなんていうのは大好き。オリーブオイルは使うが

バターは使わない。酒かすの匂いはオーブンで焼くうちに何故かチーズの香りに

なるので塩も少ない。当然お砂糖は使わない。私は自分流にアレンジして塩の量

はレシピの半分にし黒胡椒をふんだんに使っている。

 で、以来マイブームである。・・・・スーパーで売っている酒かすは200グラ

ム以上あるのに、クラッカー作りで使う酒かすの量が少ない。どうしても残って

しまうから次々作らざるを得ないんだけれど、コップにさしておいておくとあっ

という間になくなっているので丁度いい。

posted by ほたる at 09:31| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月06日

ふるさと納税で震災自治体支援

 ふるさと納税は私にとってはなじみの制度で、毎年いくばくかの寄付をしている。

 今回の震災で義援金の動きが出たときから、できれば、支援したい自治体に「ふ

るさと納税」と「一般寄付と」いうかたちで直接、義援金を送ろうと決めていた。

 ふるさと納税にすれば現住所の自治体の住民税の一部が移動する形になるので、

住んでいる自治体からはうらまれるかもしれない。でも、今回の震災では震災にあ

っていない自治体は職員を派遣して震災自治体の行政の手伝いや復興支援の物資を

送るなどしている。それは私たちの住民税を使って支援しているわけだから、ふる

さと納税として住民税の一部が移転することとあまり変わりはないんじゃないかと、

都合のいいように考えている。

 気になる自治体に直接プレゼントできる魅力がなにより嬉しい。そして、確実に

その自治体に全額が届けられる。

 面倒くさいのは確定申告をしないといけないため「募金して後はお任せ」に比べ

ると、確かに一手間ある。でも確定申告の時期にふるさと納税した自治体から寄付

金の証明書が送られてきて、それを確定申告に使うことで「あ〜〜、支援したんだ

なあ」と自己満足ながら、ささやかでも協力できた喜びが沸いてくる。

 そして自治体のHPへ行けば復興の様子がわかる。寄付金額は少額でも復興の柱の

10センチくらいでも足しになったと思えるだけでも幸せになれそう。

 ただ、まだどの被災自治体も様々な行政機能がダウンしているし、優先的にする

べきことがあるだろうから、ふるさと納税はもう少し先になってからのほうがベター

かなと思う。

 
posted by ほたる at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近の報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。